男の人と女の人

ハチの退治を行なうならプロに任せるのが安全

コウモリが棲みついたら

コウモリ

コウモリによる害

コウモリは飛行することができる小型の哺乳動物であり、世界中のさまざまな場所で棲息しています。日本にもキクガシラコウモリやクビワコウモリなど33種類が棲息していますが、その多くは自然界に棲んでいます。しかし、アブラコウモリは人間の生活圏にも進出してくるコウモリとして知られ、小型であるため家屋に侵入してきます。家屋に侵入する理由は、夜行性であるため日中の休憩場所として利用するものが大半で、屋根裏などに入り込んできます。害としてはフンによるもので衛生状態を悪化させます。また快適な休憩場所であればその数も増えて、大量のコウモリが屋根裏にいるといったことになり、また鳴き声や羽の音も気になり静かな生活環境を脅かします。このためコウモリが棲みついたと感じたらコウモリ駆除が必要です。

追い払うためには

コウモリ駆除の対処としては、まずは追い払うことでついで出入口の穴を塞ぐことが重要です。コウモリも無理に棲みつくようなことはないので危険な場所であると分かれば、侵入を防ぐことができます。追い払う方法としては出入口付近にライトを設置する方法があります。コウモリは夜行性で明るい場所を嫌います。また休憩するために暗い場所を求めているわけで明るくしてやることで、嫌がって出ていきます。またコウモリ駆除用の忌避剤も売られており、コウモリが棲みついている場所に吹きかけておくことで、その臭い成分を嫌ってコウモリが近づいて来ません。コウモリを追い払ったあとにはコウモリが侵入する穴を塞ぐことで再びの侵入を防ぐことができます。もちろん、自身で行うことも可能ですが高所での作業も多くなるためコウモリ駆除を行う場合には業者に頼るのも手段です。